金襴手木米写 ぐい呑

¥12,000(税別)
作家 高野昭阿弥
カテゴリ 酒器 / 盃
本体サイズ 5.9×4.8
重量 250 g
素材
説明書 -
備考 -
+ -
職人の手仕事のため、一点ごとに色や形など仕上がりに違いがみられます。 お色はモニタやブラウザなどによって、実際のものと異なる場合がございます。

清水焼の窯元 昭阿弥作のぐいのみ、金襴手松竹梅の図 ぐい呑です。 赤地金襴手、かき落としたことで浮かび上がった草花や七宝繋ぎが豪華です。 赤地金襴手は祝いの席やもてなしの場に花を添えるめでたい器として江戸期から京焼で焼かれてきました。 意匠も松竹梅ということで、まさに祝いの器の決定版とも呼べる一品です。 内側は白。 胴部を凹ますことで、持ちやすく細工してあります。 正月や婚礼、祭事にふさわしい酒盃です。

同じ作家の商品 もっと見る