黒志野 ぐい呑

¥25,000(税別)
作家 鈴木富雄
カテゴリ 酒器 / 盃
本体サイズ 6cm*6cm*5.5cm
重量 98 g
素材 陶器
説明書 陶歴有
備考 木箱付
+ -
職人の手仕事のため、一点ごとに色や形など仕上がりに違いがみられます。 お色はモニタやブラウザなどによって、実際のものと異なる場合がございます。

鈴木富雄による独自の輝きや色合いを活かした作品。

志野とは

安土桃山時代に美濃(岐阜県)地方で焼かれ始めた白釉を使った焼物。
長石を砕いて精製した白い半透明の長石釉を厚くかけて焼き、小さなくぼみが無数にあるのが特徴。
長石釉だけの無地志野、素地に鉄釉で簡素な絵や文様を描いてから長石釉をかける絵志野、素地に酸化鉄をかけてから長石釉をかける鼠志野などがある。

陶歴

1948年 京都に生まれる。
1988年 京都八幡の地に開窯。

偶然、自分の窯から出てきた黄金に輝く志野と出逢い、その美しさに魅せられ、研究に研究を重ね、今では数多くの作品を発表している。

以後、日本中を舞台に個展活動を行っている。

同じ作家の商品 もっと見る