松竹梅 ぐい呑

¥30,000(税別)
作家 清閑寺窯
カテゴリ 酒器 / 盃
本体サイズ φ6.7cm × 5cm
重量 100 g
素材 陶器
説明書 -
備考 -
+ -
職人の手仕事のため、一点ごとに色や形など仕上がりに違いがみられます。 お色はモニタやブラウザなどによって、実際のものと異なる場合がございます。

色鮮やかな色彩で描かれた松竹梅紋です。
金盛りの技法を使い立体的に表現されています。

 

清閑寺窯 五代 杉田眞龍 略歴

明治初頭に創業し、のちに京都の、名門公家である清閑寺伯爵家より窯名を拝受
清閑寺窯 四代祥平の長女として京都に生まれる。
京都芸術短期大学日本画本科・専門科を卒業後
京都府立陶工高等技術専門校 図案科卒業
京都市工業試験場を終了し1999年より清閑寺窯に入り
祖父 三代祥平、父 四代祥平に師事する。

2014年 京焼伝統工芸士に認定される。
2018年 ブルトゥイユ城美術館(フランス)作品収蔵。
2020年 清閑寺窯五代目を襲名する。